2009年08月06日

その時、広島税務署で何が起こったのか?


広島原爆記念日です。
諸説がありますが、1945年12月末までに広島市の人口約35万人のうち約14万人が死亡したとされています。

それにしても、凄まじい「きのこ雲」
14万人も亡くなったのもわかる気もしますが、即死者は意外と少なかったことが、被爆者の手記を読むとわかります。

爆心地の近くでも生存者がかなりいたようです。
もっとも、致死量の放射線を浴びているので、数日中に原爆症で苦しみながら死ぬ運命を定められてしまったことになります。それが、また残酷といえますね。

意外と知られていないのが、広島税務署(現:広島国税局)の被害
爆心地から、わずか800メートルの位置にありました。
まさに、あの凄まじい「きのこ雲」の中に位置したことになります。

当時、51名が出勤していました。
当然のことながら、全員即死と思いましたが、16名が生き残っています。
生き残った税務職員の手記を読みましたが、破壊力の大きな爆弾が落ちただけのような記述で、爆心地でも、かなりの人間が生き残っていた様子が描かれています。

もっとも、致死量に相当する放射線を浴びていたとは、全く知る由もありません。
読んでいくと胸が痛みますね。

結局、貴重な被爆体験を残した税務職員も原爆症により亡くなっています。
広島税務署職員51名(全員死亡)という記録が残っています。

「再び原爆が投下されるならば、たとえ文明は生き残ったとしても自由企業体制が生き残れないことは確実である」
ドラッカー名著集11 企業とは何か クチコミを見る268頁  

Posted by ohbayashiblog at 08:15Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年03月17日

ドナルドダックも確定申告


所得税の確定申告が終わりましたね。
とはいえ、個人の消費税の確定申告は3月31日が期日
まだ完全に確定申告が終わった訳ではありません。

ところで、ディズニーが税金の映画を製作していたのをご存じですか?
The Spirit of '43という映画です。
英語はよくわかんないけど(苦笑)

ドナルド・ダックは、所得税を払うことに乗り気でなかったけど、所得税を払えば戦争に勝つかも知れないと考えるようになり、所得税を申告するというストーリー

1943年ということもあり、日本やナチスが敵として描かれています。
ちなみに、米国でも3月15日が所得税の納税日だったんですね。
それにしても、カラーフィルムによるアニメーション映画を余裕で製作できる国とよく戦争をしたもんですね。

【音声でお楽しみください!】
損益分岐点のウソ?ホント

無料レポートサイトNO.1のPRJAPANがスゴワザと認定!
無料レポート【税務調査でポロッと言ってしまう悪魔のフレーズ】
無料レポート【なぜ黒字倒産が起きるのか?】

川越駅を西向けば、税務の110番はこちらです。
電話:049−246−6110〜川越市の税理士・大林税務会計事務所
川越駅西口より徒歩8分

川越市税理士 税理士川越 川越 税理士で一発検索!
埼玉県川越市旭町1-4-38
目指せ!地域ナンバー1の財務戦略コンサル
戦略税理士 大林 茂樹

税理士選びは、熟慮の上でご決断いただきたいと思います。
業務内容と報酬の考え方をご案内しております。
お客様の評価も正直に公開していますので、ご覧ください。

最後に所長からのお願い事項を確認したら、勇気を出して行動を起こしてみてください。
お問合せをするだけでしたら、タダ(無料)で出来ることなんですから!
住所や電話番号を知らせる必要がありませんから安心です。

「聞くだけ聞いてみよっ!」を歓迎しております!
お問合せはとってもカンタンお名前(匿名可)とメールアドレス(フリーメール可)を入れるだけで
お問合せは、いつでもどうぞ!
(上記をクリックするとお問い合わせフォームが開きます)
文句を言いたい人は、こっちの記事にコメント  
Posted by ohbayashiblog at 19:53Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年03月10日

戦闘員と非戦闘員の明暗!


今日は、東京大空襲の日です。
顧問先の社長に東京大空襲を体験された方がいます。
いまでも、トラウマになるそうです。

太平洋戦争で多くの犠牲者を出しました。
旧日本軍の軍人やその遺族については、恩給がもらえます。
そして、この恩給は原則として非課税です。

ところが、非戦闘員の犠牲者は恩給制度がありません。
東京大空襲の犠牲者のほとんどは、非戦闘員です。
ところが、何の保障もなかったんですね。

東京大空襲は、実は税の不公平を考える事件でもあった訳です。
爆撃の様子が、記録に残っていますが、この動画が流れている間に約10万人もの犠牲者が出ているんですね。
空襲の本当の怖さを知らなかった一般市民が、あまりにも哀れです。
  
Posted by ohbayashiblog at 07:07Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote