2017年03月10日

自分の職業をキチンと答えられるか?

「権限に焦点を合わせる者は自らが単に誰かの部
下であることを告白しているにすぎない。」
経営者の条件P79

権限に焦点を合わせる者とは,会社で何をしてい
るかと質問されたとき,「○○部にいます」「○○
部長です」と答える人のことをいうのだそうです。

権限に焦点を合わせるのではなく,自分が何に貢
献しどのような責任を負っているのかを考えて仕
事をしろというのは,ドラッカーです。

結構厳しい指摘ですね。
例えば,経理の仕事をしているのであれば,会社
の決算に関わる仕事をしています。

では,会社の決算は,何に貢献し,どのような責
任を負うのでしょうか?

株主に対して,会社の経営状況を明らかにし,株
主の投資判断を誤らせないように貢献することです。

そして,もう一つは経営者に対して,会社の経営
状況を明らかにし,経営に対する意思決定を誤ら
せないように貢献することも重要です。

そのために,嘘の報告ではなく真実の報告をする
責任があります。

もちろん,内部のしがらみがあって,難しい面が
あるのも事実ですが,経理担当者が,このような
貢献と責任を感じて仕事をしていれば,不正経理
や虚偽報告がなくならないとは言いませんが,少
なくともブレーキがかかると思います。

わたしは,単に決算を担当しています。
あるいは,経理を担当してから○○年ですと答え
るだけでは,ブレーキがかかりにくいのではない
でしょうか?

もっとも,自分の仕事は何かと聞かれたら,思わ
ず自分の目の前にある仕事の内容を答えてしまう
というのも,無理もないかも知れません。

太古の昔に狩猟採集生活を送っていた人間は,
獲物を目の前にしたとき,倒すことしか考えません。

もちろん家族を飢えから救うという大義名分は
頭にあったでしょうが,獲物を倒すことで,何に
貢献するのかを先に考えていたら,獲物を倒すど
ころか,逆に襲撃されて命を落としてしまいます。

目の前の仕事は,深く考えずに,とりあえず手を
出すというのは,狩猟採集生活では理に適った行
動であり,われわれの頭の構造も基本的には,
そのように行動するようになっています。

しかし,目の前にある仕事をなんとかこなすとい
う狭い視野を超えないと現代社会でその他大勢か
ら抜け出すことは難しいのです。

そのためにも,目の前にある仕事の内容を答える
のではなく,自分の仕事が巡り巡って誰の役に立
つのかを考えるということです。

しかし,これは常日頃から意識しないと答えられ
ないものです。

ボヤッとしていると人間の本能が先に立ち,自ら
の貢献や果たすべき責任ではなく目の前にある課
題を答えてしまうのが人間の本来の姿です。

さて,あなたの職業は何かと聞かれたら,あなた
は,どう答えますか?

自分の職業をキチンと答えるのは,意外と難しい
ことなんですよね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドラッカー名著集のお買い求めは,こちらです!
http://ow.ly/2UDs1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

川越駅を西向けば税務の110番はこちらです!
http://zeimu110.com

ライン公式アカウント「@zeimu110」
http://accountpage.line.me/zeimu110

まぐまぐ殿堂入り
ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人

発行者:税務の110番! 税理士 大林 茂樹
(ドラッカー学会会員)

〒350−1126
埼玉県川越市旭町1−4−38

お問い合わせは,いつでもどうぞ!
http://wp.me/P2JWBR-22

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


Posted by ohbayashiblog at 10:46│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 成果をあげる人・あげない人 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ohbayashiblog/52168869

コメントする

名前
URL
 
  絵文字