2015年06月17日

入手困難な情報は無視される

55e2db21.jpg
ドラッカーの名言から,成果をあげる人・あげない人の違いを探ります!
現代社会最高の哲人の言葉で,成果をあげる習慣を身につけましょう!

「支出配分の変化ほど,組織の経営戦略にとって,脅威としても機会と
しても大きな意味をもつものはない。」
明日を支配するものP62

若者のクルマ離れ,バイク離れがよく言われます。
ケータイにお金をかけるようになったからですよね。

たしかに,支出配分の変化がわかれば経営戦略が立てやすいといえます
が,支出配分の変化を追うことは容易ではありません。

自分が,何にお金をかけ,何にお金をかけないか?
これは,時間の過ごし方や年収,家族構成や年齢と密接な相関関係があ
ります。

こういうのは,自分のプライバシーそのものなので,オープンな情報には
なり得ないのです。
相手の信頼を得ないとわかりません。

簡単に手に入らない情報というものは,たとえ重要なものであっても,
無視されてしまう運命にあります。

人間は,情報の重要性よりも,情報が手に入りやすいかどうかを重要視
する傾向があります。
まあ,考えてみれば当然のことかも知れません。

建物を建設するとき,最も知りたい情報は,いつ大地震が来るかという
ことかも知れません。

しかし,地震の予知はまだ発展途上です。
そんなことを気にしていたら,何も出来なくなってしまいます。

とりあえず,日当たりが良いか,交通の便が良いかで判断します。
大地震がたとえ,半年後に来たとしても,運が悪いとしかいいようがあ
りません。

大地震がいつ来るかという情報は一番重要かも知れませんが,われわれ
は潜在意識の段階から,こうした情報を無視しています。

問題なのは,予測不可能な情報であれば,無視するのは仕方ないのかも
知れません。

しかし,手間と時間がかかるけれども,入手可能な重要情報も,あたか
も大地震の予知のように,無視してしまうことです。

支出配分の変化ではなく,既存客の売上予測が手に入りやすいだけに,
それが,あたかも完璧な情報であるかのように錯覚し,ほんとうに手に
入れなければならない情報を無視してしまうわけです。

手に入らない情報を無視した方が,素早く行動できるのは確かです。
特に原始的な狩猟採集生活を送るのであれば,情報の重要性よりも
入手のしやすさを最優先した方が有利だったろうと思います。

しかし,われわれは,原始的な狩猟採集生活をおくっているわけでは
ありません。

差別化によって成果をあげる社会に生きているわけです。
入手可能な情報だけで行動していたら成果をあげることは出来ません。

人間の習性から来る入手困難な情報は無視するという呪縛から逃れ,入
手困難であるけれども入手可能な情報を無視していないかを考えなけ
ればなりません。

その代表が支出配分の変化です。
プライベートな情報なので,コンピュータで簡単に体系化し予測可能な
情報ではないかも知れません。

お客様にじかに会ってみる,足を運んでみるという面倒なプロセスが必要
となる情報です。

しかし,入手困難であるからこそ,これを少しでも知ることが出来れば
差別化要因になるということですね。

さて,あなたの持ち合わせている情報は,ほんとうに完璧でしょうか?
入手困難な重要情報をはなから無視していませんか?

●●━━━━━━━━━━━━━━━

川越駅西向けば、税務の110番!
埼玉県川越市の税理士事務所です
http://zeimu110.com/

ライン公式アカウント「@zeimu110」
http://accountpage.line.me/zeimu110

〒350 1126
埼玉県川越市旭町1 4 38
川越駅西口下車徒歩8分(駅から送迎あり)

お問い合わせは、いつでもどうぞ!
http://is.gd/zeimu110

相続ソムリエ
税理士 大林 茂樹

●●━━━━━━━━━━━━━━━


Posted by ohbayashiblog at 09:54│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ドラッカーの名言に学ぶ 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字