2015年01月01日

羊毛を売るのはダメェ〜よ〜ダメダメ


新年あけましておめでとうございます
今年は未年ということで,羊にちなんだ童謡をお届けします
でも,この童謡は,ただの童謡じゃないんですね

税金にまつわる童謡なんです
メェメェ黒ヒツジさん ウール(羊毛)あるかい?
はいはいありますよ 3つの袋に一杯のウールが

一つはご主人,一つは奥様
残りの一つは,路地の向こうの坊やに差し上げます

日本語訳だと,こんな感じです
実はコレ,13世紀後半の英国にあった羊毛輸出税を題材にした社会風刺的な歌のようです

ご主人様=国王、奥方様=貴族,坊や=市民です
市民は,残りカスしかもらえないという意味が込められているんですね

羊毛輸出税は,一説によると74%にも達したといわれる重税でした
もともと,羊毛の有力な輸出国だった英国ですが,より付加価値の高い毛織物を輸出するため,諸外国に羊毛をwool(売る)のは,ダメェ〜よ〜ダメダメといいうのが真相のようです(^_^)

これで,大打撃を受けたのがフランスの毛織物産業
英国からの羊毛の供給が,途絶えやがて有名なジャンヌ・ダルクが活躍する百年戦争(1337年11月1日 - 1453年10月19日)の伏線となっていくわけですね

さて,今年の未年はどんな一年になるでしょうか?
平和な一年であって欲しいですね

●●━━━━━━━━━━━━━━━

川越駅西向けば、税務の110番!
埼玉県川越市の税理士事務所です
http://zeimu110.com/

ライン公式アカウント「@zeimu110」
http://accountpage.line.me/zeimu110

〒350−1126
埼玉県川越市旭町1−4−38
川越駅西口下車徒歩8分(駅から送迎あり)

お問い合わせは、いつでもどうぞ!
http://is.gd/zeimu110

相続ソムリエ
税理士 大林 茂樹

●●━━━━━━━━━━━━━━━

Posted by ohbayashiblog at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 税金のおもしろ話題 | あっと驚く珍税ネタ!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ohbayashiblog/52060350

コメントする

名前
URL
 
  絵文字