2013年05月27日

出世は 大した問題ではない

e2f3f809.jpg
ドラッカーの名言から,成果をあげる人・あげない人の違いを探ります!
現代社会最高の哲人の言葉で,成果をあげる習慣を身につけましょう!

「大きな組織で働いたほうが仕事ができるか、小さな組織のほうが仕事
ができるかである。どちらでもよいという人はあまりいない。」
明日を支配するものP206

本来人間は、大きな組織で成果をあげられる人と小さな組織で成果をあ
げられる人にわかれるということです。

両方ともOKという万能選手はいないにも関わらず、多くの人は、寄ら
ば大樹の陰とばかりに、大企業や有名企業に入りたいと願います。
そのためのテクニックを磨く講座まであるくらいです。

しかし、ドラッカーにいわせると誰もが、大きな組織で成果をあげられる
わけではないということになります。

大企業や有名企業に入りたいと願い、そのためのテクニックを磨いてい
る人の中には、その努力が成果に結び付かない人がいる。
しかも、思ったより多いよということです。

だから、中小企業に就職してみては?と敢えていいません。
自分が大企業に向いているか、向いていないかなんて、そもそもわから
ないのです。

「最初の仕事はくじ引きである。」(非営利組織の経営P212)ことから
して、入社前に自分がどんな会社に向いているかなんて知る由もないと
いうことですね。

そういう自分もくじ引きに失敗した方だと思います。
自分は大企業向きではないと知りましたが、実際に就職してみるまでわ
かりませんでした。

「組織が腐っているとき、自分が所を得ていないとき、あるいは成果が
認められないときには、辞めることが正しい道である。出世は大した問
題ではない。」
非営利組織の経営P213

実は銀行を辞めるとき、チラッと銀行員の生涯賃金というのが気になり
ました。

このまま辞めたら、銀行員の生涯賃金に遥かに及ばない人生になるんじ
ゃないかと…

われわれの商売は、退職金がないので、「銀行員の生涯賃金に遥かに及
ばない人生」になる可能性は、依然として高いんですよね(苦笑)

銀行を辞めるときに、ドラッカーを読んでいたわけじゃありませんが、
なぜか、「出世は大した問題ではない。」と思えました。

もし、会社を辞めようかどうしようか悩んでいる人がいたら、「出世は
大した問題ではない。」の部分は要チェックですよ(微笑)

「組織の価値観が自らの価値観に合っていないならば、人は自らを軽く
みるようになる。」
非営利組織の経営P213

要するに、自分に向いていない会社にずるずる居座ると…
「やがて自らを二流の存在と見るようになる。」(非営利組織の経営
P213)ということです。

マイナス思考のスパイラルに陥るということですね。
まさに、ダメ人間の象徴です。

「最高のキャリアは、あらかじめ計画して手にできるものではない。自
らの強み、仕事の仕方、価値観を知り、機会をつかむ用意をしたものだ
けが手にできる。」
明日を支配するものP213

「最高のキャリアは、あらかじめ計画して手にできるものではない。」
この部分が特に大事かも知れません。

大企業に就職すれば、安定しているし一定の収入も得られる。
たしかに、数字上は最高のキャリアを計画できるかも知れない。
ところが…

安定した環境で力を発揮できる人と危機感がないとバカ力が出ない人
がいるのです。

安定した環境で力を発揮できない人は、やがてダメ人間となり、大企業
で絵に描いたようなキャリアを夢見ても、リストラ候補で夢破れるとい
うことですね。

「仕事を変え、キャリアを決めるのは自らである。」
非営利組織の経営P215

目に見えた生涯賃金とか福利厚生でキャリアが決まるわけじゃないと
いうことです。あくまでもキャリアを決めるのは自分!

ところが、意外とこれが忘れられているように思います。
雇用のミスマッチも案外こんなところにあるのかも知れませんね。

●●━━━━━━━━━━━━━━━

「川越市税理士」「税理士川越」
で検索してください!!!
http://ohbayashi.ac.fm

川越駅西向けば、税務の110番!
〒350−1126
埼玉県川越市旭町1−4−38

お問い合わせは、いつでもどうぞ!
http://bit.ly/zeimu110

●●━━━━━━━━━━━━━━━



Posted by ohbayashiblog at 08:31│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 成果をあげる人・あげない人 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字