2011年12月05日

ノンカスタマーとの接点を意識していますか?

川越の税理士 もしドラ

「もしドラッカーが中小企業の顧問税理士になったら?」

にほんブログ村 経営ブログ 経営学へ
にほんブログ村

「ノーということのできる者を顧客と呼ぶならば、非営利組織には何種類もの顧客がいる。」
非営利組織の経営P60

何も非営利組織に限らず、あらゆる組織にいえることですよね?
「変化はつねに非顧客の世界で始まる。」(明日を支配するものP32)ということです。

「マーケティングにおいて、最も重要な存在がこのノンカスタマーである。サービスを必要としサービスを欲しているものの、いま可能な方法では手にしていないという人たちである。」
非営利組織の経営P110

では、ノンカスタマーのマーケティングをどうやるか?
「顧客がどこで、いかにして購入するかの変化を知るには、自ら出かけ、顧客とノンカスタマーを観察し、馬鹿げた質問をしなければならない。」
実践する経営者P89

これは、日本マクドナルドの創業者である藤田田氏が実際にやってきたことです。
店の前を通過する通行人を追いかけて、なぜウチの店に入らなかったのかを聞いていたそうです。
追いかけられただだの通りすがりは迷惑だったでしょうけど(微笑)

最近でいえば、企業のホームページもノンカスタマーとの接点ともいえます。
実際に、関係が親密になるとホームページよりも実際どうなのと直接聞いた方が早いわけですから、親密な顧客は、意外とホームページを見ないものです。

既存顧客に対する親密度をあげると同時に、ノンカスタマーとの接点を同時に持ちづづけるというバランスが必要になってくるということです。

「目標をバランスさせる仕事ほど有能なマネジメントと無能なマネジメントを分けるものはない。」(現代の経営上P119)という部分が、こういうところにあらわれるということです。
さて、あなたの既存顧客とノンカスタマーとのバランスはどうなっているでしょうか?

にほんブログ村 経営ブログ 経営学へ
にほんブログ村

ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人

ファンページも宣伝する

ドラッカー名著集のお買い求めはここをクリック!

「もしドラッカーが中小企業の顧問税理士になったら?」



ときに問題発言!?迷言満載のツイッターはこちらです!

祝2冠王達成!日本一の無料レポートはこちらです!

税理士選びは、熟慮の上でご決断いただきたいと思います。
業務内容と報酬の考え方をご案内しております。
お客様の評価も正直に公開していますので、ご覧ください。
ちょっとしたご相談にも丁寧にお答えしております!

お問合せはとってもカンタンお名前(匿名可)とメールアドレス(フリーメール可)を入れるだけで
お問合せは、いつでもどうぞ!
(上記をクリックするとお問い合わせフォームが開きます)
「川越市税理士」「税理士 川越」「川越 税理士」で検索してください!
埼玉県川越市旭町1-4-38 大林税務会計事務所
電話049-246-6110
(川越駅を西向けば、税務の110番はこちらです!)
文句を言いたい人は、こっちの記事にコメント

0000251320_denbanner_org3

ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人のバックナンバーはここをクリック!

有力資格試験の合格指導専門校 東京法経学院


Posted by ohbayashiblog at 11:30│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 非営利組織の経営 | ドラッカーの名言に学ぶ

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字