2011年11月09日

公平な賃金制度でやる気を引き出せるか?

川越の税理士 もしドラ

「もしドラッカーが中小企業の顧問税理士になったら?」

にほんブログ村 経営ブログ 経営学へ
にほんブログ村

「仕事が経済的な報酬を超えたものさえもたらすことを要求するようになった。生計の資だけでは不十分となった。仕事が人生にならなければならないことになった。したがって、現代社会の特徴としては、豊かさの増大ではなく期待の増大である。」
マネジメント上P228

「生計の資だけでは不十分となった。」
産業革命による大量生産のおかげて、モノがあふれ先進国では、贅沢さえいわなければ、衣食住に困ることはありません。

マズローの欲求段階説でいうと「生理的欲求」と「安全の欲求」が満たされた状態です。
「仕事が人生にならなければならないことになった。」
つまり、「所属と愛の欲求」と「承認の欲求」と「自己実現の欲求」に関心がいくということです。

具体的にどんなところに関心がいくかというと…
「動機づけ、特に知識労働者の動機づけは、ボランティアの動機づけと同じである。周知のようにボランティアは、まさに報酬を手にしないがゆえに、仕事そのものから満足を得なければならない。何よりもまして、挑戦の機会を受けなければならない。組織の使命を知り、それを最高のものと信じられなければならない。よりよい仕事のための訓練を受けなければならない。成果を理解できなければならない。」
明日を支配するものP23

ところが、意外なことに?
こうした事実を無視するかのようなやり方を推奨する動きを目にしますね。

賃金制度によって、社員をやる気にさせようということで、年俸制だとか能力給とかストックオプションによって人を動かそうとすることです。
さすがに株価の低迷でストップオプションは下火になったかも知れませんが…
では、賃金制度によって社員を動かすことは可能なのでしょうか?

「これからは、忠誠心を給与によって獲得することはできない。忠誠心は、知識労働者たる従業員に対し、業績と自己実現のための卓越した機会を提供することによってのみ獲得できる。」
ポスト資本主義社会P89

「間違った方向づけをもたらすさらに大きな要因が報酬システムである。それは最も屈折した要因である。」
「科学的な報酬システムはもちろん、公正なシステムをつくることは難しいといわざるをえない。」
マネジメント中P74

やはり、マズローの欲求段階説から考えても、賃金制度で人を動かすことには限界があるということです。
「知識労働者にとっても、他のあらゆる人間にとってと同様、金は重要である。」(ネクスト・ソサエティP26)ことからして、賃金制度の議論を全く無視していいというわけではありませんが、二義的な意味でしかないということですね。

さて、あなたの会社は、賃金制度によってやる気を引く出そうとしているでしょうか?
そうだとしたら、いま一度考え直してみる必要があるのではないでしょうか?

にほんブログ村 経営ブログ 経営学へ
にほんブログ村

ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人

ファンページも宣伝する

ドラッカー名著集のお買い求めはここをクリック!

「もしドラッカーが中小企業の顧問税理士になったら?」


ときに問題発言!?迷言満載のツイッターはこちらです!

祝2冠王達成!日本一の無料レポートはこちらです!

税理士選びは、熟慮の上でご決断いただきたいと思います。
業務内容と報酬の考え方をご案内しております。
お客様の評価も正直に公開していますので、ご覧ください。

最後に所長からのお願い事項を確認したら、勇気を出して行動を起こしてみてください。
お問合せをするだけでしたら、タダ(無料)で出来ることなんですから!
住所や電話番号を知らせる必要がありませんから安心です。

ちょっとしたご相談にも丁寧にお答えしております!

お問合せはとってもカンタンお名前(匿名可)とメールアドレス(フリーメール可)を入れるだけで
お問合せは、いつでもどうぞ!
(上記をクリックするとお問い合わせフォームが開きます)
「川越市税理士」「税理士 川越」「川越 税理士」で検索してください!
埼玉県川越市旭町1-4-38 大林税務会計事務所
電話049-246-6110
(川越駅を西向けば、税務の110番はこちらです!)
文句を言いたい人は、こっちの記事にコメント

ビジネスの最前線で勝ち残るための必要な情報が凝縮 日経ビジネス

0000251320_denbanner_org3

ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人のバックナンバーはここをクリック!

Posted by ohbayashiblog at 11:30│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック マネジメント | ドラッカーの名言に学ぶ

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字