2011年03月30日

人事の打率10割を目指そう!

川越税理士マネジメント

にほんブログ村 経営ブログ 経営学へ
にほんブログ村

「機会に焦点を合わせるには人事が重要である。」
経営者の条件P12

本業は税理士ですので(微笑)
人事は苦手な分野のひとつですが…
これでも?

ある時期、年間100名ほど面接した経験があります。
それなりに、人を見る目があるという自尊心がありましたが…
見事に打ち砕かれました。

「『人を正く判断できる者はいない。』少なくともこの世にいない。しかし問題は、人事の決定を真剣に考え、最善をつくする者が少ないということである。」
マネジメント・フロンティアP144

出だしの『人を正く判断できる者はいない。』の部分
人を見る目があると相当自信のある人は、違和感を抱くかも知れません。
しかし、後段の「人事の決定を真剣に考え、最善をつくする者が少ないということである」の部分はどうでしょうか?

そもそも、コレの意味することがよく分からないかも知れませんが…
こういうことです。

「ある人間を仕事につけた結果、その者が成果をあげなかったならば、それは私が間違ったのである。」
マネジメント・フロンティアP144
人事の失敗を部下の責任に押しつけたり、新規に採用した人間を責めてはいけないということです。

まずは、新規に採用した人の強みを生かせる別の機会をあたえてげるということです。
また、成果をあげられなかったのが、その人個人の能力ではなく、その職務が容易にこなすことの出来ないのではないかと疑ってみることです。

「仕事というものは、力をつくして努力する普通の有能な人材が、成果をあげられるものでなければならない。この条件をみたせないようなポストをつくって人をはりつけるべきでなない。」
マネジメント・フロンティアP153

人事のミスを部下に責任を押しつけたり、人を責めたり、自分が見る目がなかったと嘆くことは、結局、人の弱みしかみていないということです。

「人のできることは何も見ず、できないことはすべて正確に知っているという者は組織の文化を損なう。」
現代の経営上P219

「人事の決定を真剣に考え、最善をつくする者が少ないということである」が意味することは、人の弱みをみて、強みをみない人が多いということではないでしょうか?
人事の失敗の多くは、見る目がなかったで終わっていることがあまりにも多いように思います。

「人事の打率は三割といったところである。正しい人事は多くて三分の一であり。ようやく許容しうる人事が三分の一であり、残る三分の一はまったくの失敗である。」
マネジメント・フロンティアP143

しかし、人の弱みではなく、強みをいかすという視点にたてば、人事の打率もあがってくるのではないでしょうか?
「できるだけ一〇割に近い打率はあげるように努めなければならない。」
マネジメント・フロンティアP143
見る目がなかったで終わる人事から、一〇割に近い打率の人事へ挑戦してみる必要がありそうですね。

にほんブログ村 経営ブログ 経営学へ
にほんブログ村

ドラッカー名著集のお買い求めはここをクリック!

売上ランキング第一位獲得!
税理士の視点による 戦略的コストダウンメソッド
(ホントは、税理士の視点というより、ドラッカーの視点というのが正しい!)


ときに問題発言!?迷言満載のツイッターはこちらです!

祝2冠王達成!日本一の無料レポートはこちらです!

税理士選びは、熟慮の上でご決断いただきたいと思います。
業務内容と報酬の考え方をご案内しております。
お客様の評価も正直に公開していますので、ご覧ください。

最後に所長からのお願い事項を確認したら、勇気を出して行動を起こしてみてください。
お問合せをするだけでしたら、タダ(無料)で出来ることなんですから!
住所や電話番号を知らせる必要がありませんから安心です。

ちょっとしたご相談にも丁寧にお答えしております!

お問合せはとってもカンタンお名前(匿名可)とメールアドレス(フリーメール可)を入れるだけで
お問合せは、いつでもどうぞ!
(上記をクリックするとお問い合わせフォームが開きます)
「川越市税理士」「税理士 川越」「川越 税理士」で検索してください!
埼玉県川越市旭町1-4-38 大林税務会計事務所
電話049-246-6110
(川越駅を西向けば、税務の110番はこちらです!)
文句を言いたい人は、こっちの記事にコメント

ビジネスの最前線で勝ち残るための必要な情報が凝縮 日経ビジネス

0000251320_denbanner_org3

ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人のバックナンバーはここをクリック!

Posted by ohbayashiblog at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 経営者の条件 | ドラッカーの名言に学ぶ

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字