2010年08月23日

お客様を合理化し効率をあげる?

川越税理士マネジメント

「投入したものを超える価値を生み出すことは、人が関わる領域においてのみ可能である。」
現代の経営上P201

これに関連するのが…
「生産性を決定するものは働く人の動機である」
現代の経営下P104

「事業のマネジメントは、いかに経営学が健全であり、いかに経済分析が慎重であり、いかに諸々の手法が優れていたとしても、常に人間的な要因に戻る。」
現代の経営上P129

ITや革新的な経営手法が儲かるようにしてくれるわけではないということですね。
ITや革新的な経営手法は、経営を効率化するための道具です。

勘違いしてしまうのが、効果と効率を間違えてしまうことですね。
効率化すれば、儲かると考えてしまうのは、人間のサガなのかも知れません。

しかし、効率化が成果と全く関係ないということを知る方法があります。
「お客様を合理化し、効率をあげる」とはいいません。

そんなこと、出来っこないことを知っているからです。
お客様を合理化するどころか、お客様に振り回されるのが企業の実態です。
これが、効率化が成果と無関係であるということの何よりの証拠です。

つまり、効率化するというのは、何らかの強制が有効となる内部活動でのみ有効です。
ところが、企業は外部から成果を得る団体です。

企業の外部は、強制がきかないので効率化できません。
ということは、ITや革新的な経営手法が全く及ばない世界ですね。

成果を得るためには、「『分析できるほどはまだわからない。しかし、必ず見つけ出す。外に出かけ、観察し、質問し、聞いてくる』といわねばならない。」
(イノベーションと企業家精神P38)という人が関わる領域を必要とするということです。

合理化や効率化が頭の中を支配したら、危険信号ですね。
そんなとき、「お客様を合理化し効率を上げることは出来ない」というごく当たり前のことを思い出すといいと思います。
もっとも、冷静になって考えないとスグ忘れてしまうんですけどね(苦笑)

売上ランキング第一位獲得!
税理士の視点による 戦略的コストダウンメソッド
(ホントは、税理士の視点というより、ドラッカーの視点というのが正しい!)


ときに問題発言!?迷言満載のツイッターはこちらです!

祝2冠王達成!日本一の無料レポートはこちらです!

税理士選びは、熟慮の上でご決断いただきたいと思います。
業務内容と報酬の考え方をご案内しております。
お客様の評価も正直に公開していますので、ご覧ください。

最後に所長からのお願い事項を確認したら、勇気を出して行動を起こしてみてください。
お問合せをするだけでしたら、タダ(無料)で出来ることなんですから!
住所や電話番号を知らせる必要がありませんから安心です。

ちょっとしたご相談にも丁寧にお答えしております!

お問合せはとってもカンタンお名前(匿名可)とメールアドレス(フリーメール可)を入れるだけで
お問合せは、いつでもどうぞ!
(上記をクリックするとお問い合わせフォームが開きます)
「川越市税理士」「税理士 川越」「川越 税理士」で検索してください!
埼玉県川越市旭町1-4-38 大林税務会計事務所
電話049-246-6110
(川越駅を西向けば、税務の110番はこちらです!)
文句を言いたい人は、こっちの記事にコメント

ビジネスの最前線で勝ち残るための必要な情報が凝縮 日経ビジネス

Posted by ohbayashiblog at 07:07│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ドラッカーの名言に学ぶ | 現代の経営

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ohbayashiblog/51686567

コメントする

名前
URL
 
  絵文字