2008年12月22日

GMの凋落は、本当に燃費の悪い車が原因なのか?

明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命
明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命
クチコミを見る

ドラッカーに学ぶ儲かる会社の法則です。
「明日を支配するもの」から引用します。

実は、「明日を支配するもの」を読む予定はありませんでした。
「創造する経営者」ですら、よくわかってないんで(苦笑)
しかし、GMがなぜ凋落したのかを言い当てているということなので、手にとってみました。

「アメリカ最大の自動車メーカーGMと、アメリカ最大の工場労働者の労働組合UAWが昨日のもののために明日を犠牲にした。」

「ふ〜ん」と読みすごしましたが、実はこの一文がすべてを物語っているんですね。
昨日のものとは、燃費の悪い大型車やSUV
明日のものとは、燃費のいい小型車です。

大型車やSUVは利益率が良い。
これに対して、小型車は利益率が低い。利益率が低いということは、労働者の賃金があまり上がらない。だから、小型車反対という流れですね。

もうひとつが、内製化にあるということです。
GMは、細かい部品まで自社製だそうです。
内製化は、コストと生産時間の両面で決定的な優位にたてますが、経営環境が激変すると内製化が足かせとなるということです。

人員整理が簡単に出来ませんからね。
外注なら、それが比較的簡単に出来る。
そういえば、一倉定先生が、「理想的な経営構造は、工場を持たないメーカーである」と言ってたな。

昨日のもののために明日を犠牲にせざるを得ないのも内製化が元凶ということかも知れませんね。

日本人の目から見れば、GMが凋落するのは当り前でしょう。
あんなにデカくて燃費の悪い車なんて誰が買うか!と思っているハズですよね?
でも、そういう側面を見てちゃ実はダメってことです。
結果だけしか見ていないことになります。

GMの凋落は、燃費の悪い車が原因なのではなく、極端な内製化が根本原因だったということです。
そういう目で決算書の内外作比率を見てください。

内外作比率がGMと大して変わらない会社が意外と多くてゾッとしますよ。
明日を犠牲にしてるのは、我々なのかも知れませんね。

秘蔵音声ファイル「租税教室の実況中継!」はこちら!
無料レポートサイトNO.1のPRJAPANがスゴワザと認定!
無料レポート第一弾【税務調査でポロッと言ってしまう悪魔のフレーズ】
無料レポート第二弾【税務調査でねらわれやすい業界はココだ!】
川越駅を西向けば、税務の110番はこちらです。
電話:049−246−6110〜川越市の税理士・大林税務会計事務所
川越駅西口より徒歩8分
埼玉県川越市旭町1-4-38
目指せ!地域ナンバー1の財務戦略コンサル
戦略税理士 大林 茂樹
税理士選びは、熟慮の上でご決断いただきたいと思います。
業務内容と報酬の考え方をご案内しております。
お客様の評価も正直に公開していますので、ご覧ください。
最後に所長からのお願い事項を確認したら、勇気を出して行動を起こしてみてください。
お問合せをするだけでしたら、タダ(無料)で出来ることなんですから!
住所や電話番号を知らせる必要がありませんから安心です。
「聞くだけ聞いてみよっ!」を歓迎しております!
お問合せはとってもカンタンお名前(匿名可)とメールアドレス(フリーメール可)を入れるだけで
お問合せは、いつでもどうぞ!
(上記をクリックするとお問い合わせフォームが開きます)
文句を言いたい人は、こっちの記事にコメント

Posted by ohbayashiblog at 12:08│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 時事ネタでビックリ箱! | ドラッカーの名言に学ぶ

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんなご時世にアルファを買おうとしている僕って一体…。

やはり、アルフィスタには変わり者が多いということでしょうか(笑)
Posted by かや at 2008年12月22日 12:30
アルフィスタのかや様
いらっしゃいませ。
ネットには、次のような文がちらほらと…

スポ車好きは感覚がおかしいし、だからキモイ=女にもてないって感じじゃね

車ヲタってなんであんなにキモイの?

これを読むと少しへこみますね(微笑)
Posted by 川越名物☆税務と会計のビックリ箱 at 2008年12月22日 13:03

コメントする

名前
 
  絵文字