2008年12月19日

過去最高益を信じるな!

【在庫確保!即納可能です!】KENKRAFT/NZGKOMATSU(コマツ)PC200-8 (1:50)●建設機械 精密スケールモデル●


ジャスダック上場の松本建工が倒産です。
上場企業の倒産は33社目

いま、マスコミがGMの動向に着目しているので、この会社の倒産記事は小さい扱いでしたね。
もう上場企業の倒産に関心がなくなってしまったんでしょうか?

では、早速ですが、経常利益の推移です。
450,395千円(平成17年3月)
455,399千円(平成18年3月)
593,618千円(平成19年3月)
△94,960千円(平成20年3月)

これに対して、推定値ながら運転資金のサイクルです。
94日(平成17年3月)
123日(平成18年3月)
78日(平成19年3月)
58日(平成20年3月)

倒産の直前期は、赤字だったので倒産で当り前というのは短略過ぎますね。
たしかに、赤字が倒産原因です。数字を表面的に見ればね。

でも、運転資金のサイクルは倒産直前期が一番マシだったんです。
ホントはもっと前に倒産してもよかった。
特に過去最高益の平成19年3月期の現預金は、売上高の21日分しかありませんでした。

実は、この会社
過去最高益という実績を基に、倒産直前期に社債を発行して資金調達してるんですね。

想像ですけど、過去最高益を信じて?
社債に投資した人はいませんかね?
だとしたら、悲劇ですね。

もっと運転資金のサイクルと売上の何日分の現預金を持ってるかをみなくては!
お決まりのワンパターンですが、これが確実ですよ。

【参考】
運転資金のサイクルとは?
秘蔵音声ファイル「税務会計系ブロガーサミットの実況中継!」はこちら!
無料レポートサイトNO.1のPRJAPANがスゴワザと認定!
無料レポート第一弾【税務調査でポロッと言ってしまう悪魔のフレーズ】
無料レポート第二弾【税務調査でねらわれやすい業界はココだ!】
川越駅を西向けば、税務の110番はこちらです。
電話:049−246−6110〜川越市の税理士・大林税務会計事務所
川越駅西口より徒歩8分
埼玉県川越市旭町1-4-38
目指せ!地域ナンバー1の財務戦略コンサル
戦略税理士 大林 茂樹
税理士選びは、熟慮の上でご決断いただきたいと思います。
業務内容と報酬の考え方をご案内しております。
お客様の評価も正直に公開していますので、ご覧ください。
最後に所長からのお願い事項を確認したら、勇気を出して行動を起こしてみてください。
お問合せをするだけでしたら、タダ(無料)で出来ることなんですから!
住所や電話番号を知らせる必要がありませんから安心です。
「聞くだけ聞いてみよっ!」を歓迎しております!
お問合せはとってもカンタンお名前(匿名可)とメールアドレス(フリーメール可)を入れるだけで
お問合せは、いつでもどうぞ!
(上記をクリックするとお問い合わせフォームが開きます)
文句を言いたい人は、こっちの記事にコメント



Posted by ohbayashiblog at 07:55│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 時事ネタでビックリ箱! | 税務会計をもっとカンタンに!

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
ほんと、上場企業が倒産って
麻痺っちゃって、ぜんぜんニュースじゃなくなっちゃいましたね。

延長・特例のオンパレードで
ねじれまくったフクザツな証券税制よりも
こんな会社を上場させないことのほうが
ずっと株主保護・納税者保護・投資促進になるんじゃないのかしら。
Posted by kimutax@税金まにあ at 2008年12月20日 20:38
税金まにあ様
いらっしゃいませ。
「こんな会社を上場させないことのほうが
ずっと株主保護・納税者保護・投資促進になるんじゃないのかしら。」

そうですね!と言いたいところだが、ちょっと耳が痛いような気がしないでもない(苦笑)
Posted by 川越名物☆税務と会計のビックリ箱 at 2008年12月21日 22:28

コメントする

名前
 
  絵文字