2008年12月08日

お金儲けは罪悪なのか?

すでに起こった未来―変化を読む眼
すでに起こった未来―変化を読む眼
クチコミを見る

ドラッカーに学ぶ儲かる会社の法則です。
「すでに起こった未来」から引用します。

実は、「すでに起こった未来」をなんで購入したかというと名著「現代の経営」で、「利益の最大化が企業活動の動機であるか否かは定かではない」という一節が妙に引っかかったからです。

利益の最大化こそ企業活動の動機だったんじゃないの?
なんで、ドラッカーはこんなことを書くんだろう?
ドラッカーの考える利益って何よ?
現代の経営を何度も読み直し、名著「マネジメント」も読みましたが、自分の頭では、恥ずかしながらムリでした。

救いを求めて、「すでに起こった未来」を手に取ったら、やっとわかりました!
かなり自己満足ですが(爆)
そもそもお金儲けって何だろう?

お金儲けというのは、労働者から搾取した余剰価値といったのがマルクスだったんですね。
だから、罪悪だという考えのもとでソビエト連邦が誕生しました。

まあ、この辺は経済学を専門に勉強したことのある人にしてみたら、当たり前なんでしょうが、法学部出身の人間にとっては、新鮮な発見!
マルクスって利益を労働者からの搾取だと定義付けしてたんですね。

恥ずかしながら、はじめて知った!
無知とは怖いな(泣)
マルクスについても、「すでに起こった未来」の第四章にわかりやすく書いてありました。

ちなみに、お金儲けは罪悪である。
これに似た悩みを松下幸之助氏が抱いていたみたいです。
お金儲けは、果たして善なのか?

士農工商という身分制度からして、日本では商売は下に見られました。
松下幸之助は悩みに悩んで、やがて某宗教団体の本山に行って、水道哲学を編み出しました。
簡単にいうと「産業人の使命は貧乏の克服」だという天命を悟ったんですね。

では、ドラッカーは利益を何と考えたのか?
ぜひ、「すでに起こった未来」を手にとって考えてみてください。
ドラッカーのいう利益の概念は、自分の頭の発想自体を根本的に破壊してくれましたが(笑)

秘蔵音声ファイル「租税教室の実況中継!」はこちら!
無料レポートサイトNO.1のPRJAPANがスゴワザと認定!
無料レポート第一弾【税務調査でポロッと言ってしまう悪魔のフレーズ】
無料レポート第二弾【税務調査でねらわれやすい業界はココだ!】
川越駅を西向けば、税務の110番はこちらです。
電話:049−246−6110〜川越市の税理士・大林税務会計事務所
川越駅西口より徒歩8分
埼玉県川越市旭町1-4-38
目指せ!地域ナンバー1の財務戦略コンサル
戦略税理士 大林 茂樹
税理士選びは、熟慮の上でご決断いただきたいと思います。
業務内容と報酬の考え方をご案内しております。
お客様の評価も正直に公開していますので、ご覧ください。
最後に所長からのお願い事項を確認したら、勇気を出して行動を起こしてみてください。
お問合せをするだけでしたら、タダ(無料)で出来ることなんですから!
住所や電話番号を知らせる必要がありませんから安心です。
「聞くだけ聞いてみよっ!」を歓迎しております!
お問合せはとってもカンタンお名前(匿名可)とメールアドレス(フリーメール可)を入れるだけで
お問合せは、いつでもどうぞ!
(上記をクリックするとお問い合わせフォームが開きます)
文句を言いたい人は、こっちの記事にコメント

Posted by ohbayashiblog at 07:55│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ドラッカーの名言に学ぶ 

この記事へのトラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字