2017年01月26日

アンカー効果で成果をあげる

「人,特に知識労働者というものは,自らが自らに課
す要求に応じて成長する。自らが成果や業績とみな
すものに従って成長する。自らに少ししか求めなけ
れば成長しない。多くを求めるならば何も達成しな
い者と同じ努力で巨人に成長する。」
経営者の条件P97

大きな目標を掲げた者は,小さな目標を掲げた者よ
りも,成功するということですね。

ある意味,これは人間の本能的なものと言えるかも
知れません。

心理学の有名な実験で,国連にアフリカ諸国が占め
る割合は,何%かという問題で,ヒントとして,65%
よりも高いかそれとも低いか?と問われたグループ
と,20%より高いか,それとも低いか?と問われた
グループとでは,65%と問われたグループの方が,
より高い数値で答えたというものがあります。

正解は,約25%なのですが,より大きな数字をヒン
トをあたえらると,それに引きずられてしまうとい
うことですね。

心理学でいうところのアンカー効果です。
「自らに少ししか求めなければ成長しない。」という
のも,まさにアンカー効果のなせる技と言えないで
しょうか?

人間の習性であるアンカー効果をうまく利用するの
であれば,やはり,大きな目標を掲げることは,理
にかなっているわけですね。

与えられた数字に引きずられるというのは,推測の
域を出ませんが,人間が厳しい生存競争を生き延び
るために備わったものだろうと思います。

例えば,貯蔵した食糧が,あと3日しか持たないと
なると必死になって狩りをしなければ,いけません。

逆に食糧がひと月分あるとすると,少し余裕をもっ
て体力の消耗と危険を回避しながら,日々を過ごす
ことが出来ます。

もし,食糧が何日分かるかというデータに人間が無
頓着だったとしたら,生存競争に打ち勝つことがで
きませんよね?

与えられたデータによって,無意識のうちに行動パ
ターンを変えることが出来たからこそ,人間は今日
まで生き延びることが出来たといえないでしょうか?

そうであるならば,人間が本能的に持っている習性
をうまく活用しないと損だということですね。

ところが,食糧のように死活問題であれば,別です
が,死活問題に直結しない目標については,無頓着
なのかも知れません。

経済的に成功すれば,良いに越したことはないです
が,経済的に成功しなくても,餓死するまでに至ら
ないとなると,必死になって高い目標を掲げなくて
もいいわけです。

むしろ,高い目標を掲げて,それが達成されなかっ
たときの言い訳をしたくないという自己保身に走っ
てしまうわけですね。

そして,自己保身もまた,人間の習性です。
自己保身というは,諸悪の根源みたいな感じでいわ
れることもありますが,自己保身本能がなければ,
人間は生きていくことが出来ません。

自然界というのは,うまく出来ていて,致命的な負
傷や心理的なダメージを受けると,残り少ない食糧
を他の仲間に分け与える方が有利と判断して,自己
破壊へ走ります。

自殺者の心理になってしまうわけですね。
他人の目が気になり心理的なダメージを受けたくな
いのであれば,楽で簡単に低い目標を掲げた方が,
高い目標を掲げで,上手くいかなかったときのショ
ックを回避できます。

しかし,人として成長したいなら大いに問題ありと
いうことですね。

人として成長するには,アンカー効果を利用し,自
己保身の本能に打ち勝つことが出来るか否かという
ことになろうかと思います。

さて,あなたの掲げる目標はどうなっているでしょ
うか?

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

川越駅を西向けば税務の110番はこちらです!
http://zeimu110.com

ライン公式アカウント「@zeimu110」
http://accountpage.line.me/zeimu110

まぐまぐ殿堂入り
ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人

発行者:税務の110番! 税理士 大林 茂樹
(ドラッカー学会会員)

〒350−1126
埼玉県川越市旭町1−4−38

お問い合わせは,いつでもどうぞ!
http://wp.me/P2JWBR-22

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
Posted by ohbayashiblog at 10:35Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 成果をあげる人・あげない人 

2017年01月20日

最も優先すべきは卓越性の追求

「自らの成長のために最も優先すべきは卓越性の追求
である。そこから充実と自信が生まれる。」
非営利組織の経営P206

卓越性の追求とありますが,卓越性とは何なのでしょう?
いろんな意味に捉えられますが,卓越性を定義してい
る箇所があります。

「事業にリーターシップを与える何らかのことを行
いうる人間能力のことである」(創造する経営者
P264)とあるように,その人の強みや得意とすること
で良いのではないかと思います。

ところが,この卓越性を追求することが意外と難しい
のです。

卓越性ではなく,上手くいかなかった問題点の解決や
弱みに焦点を合わせがちです。

報告書も,問題点の指摘に焦点をあわせてしまいがち
ですね。

なぜ,そのように人間が行動してしまうのか,よくわ
かりません。

もしかしたら,単独で獲物を仕留める身体能力のある
猛獣ではなかったので,群れる必要があり,協調性が
要求されたからなのかも知れません。

協調性を保つのに都合が良いのは,平均的にそつなく
こなす能力です。

はみ出たものは,出る杭は打たれる式に抑制されてき
たのかも知れません。

もう一つの可能性は,リスク回避ですね。
卓越性の追求は,ある分野に特化することにもつなが
っていきます。

今日の社会では,家を自分の力で建てる人はほとんど
いませんし,食料も種からまいて収穫する人もほとん
どいないくらい分業制が確立しています。

そのような分業制が確立していない社会で,ある分野
に特化することは
非常に危険で,ある意味命取りです。

卓越性を追求するのではなく,あらゆることを少しず
つ少しずつ手がけることは,リスク回避の本能として
当然だったと思われます。

人間が,未だにこうした過去の習性にとらわれている
とするならば,卓越性の追求は,それだけで差別化の
要因となります。

現代社会で成果をあげるための必須条件といえますね。
さて,あなたの卓越性は何でしょうか?

そして,迷うことなく卓越性を追求しているでしょうか?
それとも,出る杭は打たれる式でしょうか?

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

川越駅を西向けば税務の110番はこちらです!!!!
http://zeimu110.com

ライン公式アカウント「@zeimu110」
http://accountpage.line.me/zeimu110

まぐまぐ殿堂入り
ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人

発行者:税務の110番! 税理士 大林 茂樹
(ドラッカー学会会員)

〒350−1126
埼玉県川越市旭町1−4−38

お問い合わせは,いつでもどうぞ!
http://wp.me/P2JWBR-22

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
Posted by ohbayashiblog at 10:35Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 成果をあげる人・あげない人 

2016年12月26日

相手の相槌に騙されない習慣

「多くのリーダーが自分のいったことは誰もが理解
したと思う。しかし誰も理解などしていない。した
がって,決定する前には人と相談しなければならな
い。議論したり参画させたりしなければならない。
成果をあげるには,自分をわかってもらうために時間
を使わなければならない。」
非営利組織の経営P31

人間は,ひとりでは生きていけません。
それゆえ,個人差がありますが協調性を重んじる傾向
があります。

特に,リーダーがいったことに対しては,余程のこと
がない限り多少の違和感を感じても,簡単に相槌を打
つのが人間です。

リーダーに意見して下手に逆らうと,組織から疎外
されることがあります。
特にブラック企業では,リーダーに絶対服従です。

最近は,ブラック企業が社会問題化し,従業員の
立場が,以前より強くなりましたので,リーダーに
異を唱えることも,多少なりとも許される世の中に
なったのかも知れません。

とはいえ,太古の昔の自給自足の世界では,リーダ
ーに意見して,組織から疎外されることは,餓死を
意味しました。

人間は,多かれ少なかれ,組織から疎外されること
に恐怖を抱きます。

組織から疎外されないように,多少の違和感であれ
ば,我慢して,波風を立てない方が無難です。

リーダーの言っていることに対して,意見をせず,
簡単に相槌を打つのは,いってみれば,組織から
疎外されたくないという人間の本能です。

ところが,部下が多少の違和感を感じていたかどうか
は,リーダーにはわかりません。

相槌を打たれた以上は,100%理解したと思うわけです。
相手の相槌にすっかり騙されてしまうわけですね。

ところが,多少の違和感が,後に言った言わない
聞いた聞かないの話へと発展することがあります。

なるべく波風を立てないという人間の協調性から来
る習性は,無用の対立を回避するために必要な面もあ
ると思いますが,それが仇となることも多いというこ
とですね。

それゆえに,工夫が必要です。
「決定する前には人と相談しなければならない。」と
ありますが,相談する人は,第三者がふさわしいと思
います。

利害関係のない第三者は,組織に属してないがゆえ
に,組織の和を乱すのではないかという余計な心配を
しませんから,屈託なのない意見が出やすくなりますね。

そして,「議論したり参画させたりしなければならな
い。」の部分です。

自分一人の意見だと,どうしても都合の良い部分だけ
に焦点をあててしまいがちです。

おそらく,自分の都合の良い部分だけに焦点をあてる
習性は,そうすることによって,人間の闘争本能をか
きたてるのに都合が良いからなのかも知れません。

とはいえ,狩猟採集生活をしているのであれば,闘争
本能を最大限に発揮するように行動すれば,良いのか
も知れませんが,知識労働は,身体能力を発揮する格
闘ではありません。

自分に都合の良い情報だけではなく,異なる視点や見
方が成果をあげるために必要になってきます。

これも,第三者の意見を聞いた後に,部下に第三者に
いわれた異論をどう思うかを聞いてみるやり方が良
いのではないかと思います。
そうじゃないと,なかなか意見しにくいですからね。

リーダーが部下にモノをいうのであれば,これだけの
ことに注意しなければならないということです。

ところが,場を乱したくないというその場の雰囲気で
簡単に相槌を打ってしまう習性や,自分にとって都合
の良いことしか目にはいらない習性が邪魔をして,大
きな間違いをしてしまう可能性があるということです。

リーダーが必ず陥る罠ですので,注意しないといけませんね。

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

川越駅を西向けば税務の110番はこちらです!
http://zeimu110.com

ライン公式アカウント「@zeimu110」
http://accountpage.line.me/zeimu110

まぐまぐ殿堂入り
ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人

発行者:税務の110番! 税理士 大林 茂樹
(ドラッカー学会会員)

〒350−1126
埼玉県川越市旭町1−4−38

お問い合わせは,いつでもどうぞ!
http://wp.me/P2JWBR-22

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
Posted by ohbayashiblog at 10:25Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 成果をあげる人・あげない人 

2016年12月22日

廃棄を忘れた行動に意味はない

「行動とは,ミッションを書き換え,焦点を合わせ直
し,そのうえに新しいものを築き,組織することであ
る。そして廃棄することである。」
非営利組織の経営P53

最後の「廃棄することである」の部分がなかなか思
い浮かびません。

「ミッションを書き換え,焦点を合わせ直し,そのう
えに新しいものを築き」までの部分は,夢を語ること
ですから,本来は楽しい仕事です。

ところが,廃棄は面白い仕事とはいえませんね。
できれば,避けたい。

我々の行動は,どうしても,廃棄を忘れた行動に
なってしまうようです。

「あの受注が取れれば,業績がよくなる。」
「こんど出る商品は,とても評判がいい。」

これらは,倒産する直前の社長がよく言うセリフです
(苦笑)

そして,あのとき止めておけば,自宅だけは残ったか
も知れないのにという嘆きもよく耳にします。

しかし,こうなってしまうのは仕方ないことなのかも
知れません。

廃棄,撤退,損失といったマイナスイメージの文言に,
人間は過剰反応してしまうようです。

これは,仮説に過ぎないのですが,マイナスイメージ
の言葉は,われわれの脳の生きるか死ぬかという判断
を司る分野で判断しているように思います。

命をとられるわけでもないのに,あたかも死を避けよ
うとするかの如く過剰反応し,合理的な判断を誤って
しまうかのようです。

また,手塩にかけた事業から撤退することにも,思い
入れが激しいだけに,撤退するタイミングを逸してし
まうこともよくあることです。

これまた,仮説に過ぎませんが,子育ての本能が撤退
するタイミングを阻害しているように思います。

手塩にかけた子供を簡単に放棄してしまうようでは,
遺伝子を次世代に残すことが出来ません。

はたから見れば,出来の悪い息子でも一人前に育てる
のが親の役目です。

しかし,その論理を無意識のうちに事業活動にまで持
ち込んでしまうのが人間です。

それゆえ,われわれは撤退するタイミングをしばしば
逸してしまうわけですね。

しかし,われわれは,こうした誘惑に打ち勝たなけれ
ばなりません。

多くの人が,こうした誘惑に勝てないがゆえに,それ
に成功した人は成果をあげることができるわけです。

さて,あなたが撤退するかしないかの判断を迫られた
とき,正しい判断ができるでしょうか?

それとも,情に流されてしまうだけでしょうか?
廃棄を忘れた行動には意味がないということを忘れ
ないようにしないといけませんね。

●●━━━━━━━━━━━━━━━


川越駅西向けば、税務の110番!

埼玉県川越市の税理士事務所です

http://zeimu110.com/


ライン公式アカウント「@zeimu110」

http://accountpage.line.me/zeimu110


〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-4-38
川越駅西口下車徒歩8分(駅から送迎あり)


お問い合わせは、いつでもどうぞ!

http://is.gd/zeimu110


税理士 大林 茂樹


●●━━━━━━━━━━━━━━━


  
Posted by ohbayashiblog at 10:40Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 成果をあげる人・あげない人 

2016年12月16日

外部の現実に目を向ける

「組織の内部に成果はない。そこにはコストしかな
い。ところが人は容易に内部に没入し,外部の現実か
ら遊離する。」
非営利組織の経営P134

「人は容易に内部に没入」するのは,なぜでしょう
か?

人間は,本質的に身びいきや仲間意識が強いことか
ら来ていると思います。

もちろん,身びいきや仲間意識が悪いといっている
わけではありません。

自分と血縁のある人間を身びいきすることは,自分
の遺伝子を次世代に残すためには必要なことです。

また,仲間意識も一人では弱い存在でしかない人間
が団結することによって,自分の力以上の能力を発
揮するためには,必要なことです。

こうした身びいきや仲間意識がなかったら,現代社
会では死ぬことはないかも知れませんが,自分の周
りは敵だらけという弱肉強食の時代であれば,まず
生き延びることは出来ません。

われわれは,ある意味本能的に外部ではなく,まず
自分の周りにいる血縁者は仲間との関係を重視する
ように出来ているといっていいかも知れません。

海外で大事故のニュースがあると,邦人が含まれて
いないかどうかを真っ先に報道します。

外国人よりも,邦人の方が,自分と互助関係のある
人間が多いからこそ,邦人が含まれているかどうか
を気にするわけです。

これが,露骨にエスカレートすると差別意識にもつ
ながってきますが,少なくとも報道で邦人が含まれ
ているかどうかに関心を持つことは,差別ではなく
自分と互助関係にある人間を探そうとする人間の
本能みたいなものです。

「人は容易に内部に没入」するというのは,ある意
味,必然なのです。

外部とは自分の命を奪う敵であり,内部は常に自分
の生活の糧という単純な関係であったわけです。

ところが,時代が下るにつれ,分業が進み,また血縁関
係も,国籍も関係もない外部との関わりが成果をもた
らすようになりました。

外部の世界は必ずしも自分の命を奪う敵ではなくな
ったわけです。

現代社会では,成果は内部ではなく外部の存在である
顧客が対価を払うことによってもたらされます。

しかし,頭では理解できても,本能的に身びいきをし
てしまうわれわれにとっては,簡単に対応できない
のかも知れません。

ウチでは出来ませんと簡単にあきらめて,顧客の要
望に応えられない。

あるいは,燃費偽装のように,顧客に誤った情報を
流し自分たちにとって都合の良い商品を押しつける
ようになってしまうわけですね。

逆にいえば,容易に出来ないからこそ,常に外部を意
識するということは,差別化につながり成果をあげる
推進力になるということですね。

さて,あなたに常に関心があるのは,組織の人間関係
でしょうか?
それとも,お客様との関係ですか?

●●━━━━━━━━━━━━━━━


川越駅西向けば、税務の110番!

埼玉県川越市の税理士事務所です

http://zeimu110.com/


ライン公式アカウント「@zeimu110」

http://accountpage.line.me/zeimu110


〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-4-38
川越駅西口下車徒歩8分(駅から送迎あり)


お問い合わせは、いつでもどうぞ!

http://is.gd/zeimu110


税理士 大林 茂樹


●●━━━━━━━━━━━━━━━



  
Posted by ohbayashiblog at 10:50Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 成果をあげる人・あげない人 

2016年12月09日

責任に焦点をあわせる

「責任に焦点を合わせるとき,人は自らについてより
大きな見方をするようになる。」
非営利組織の経営P211

責任に焦点を合わせるといっても,あまり物事に関わ
りたくないとか,重すぎる責任は負いたくないという
意見が出てくるかも知れませんね。

しかし,責任を負わない生き方をするとどうなるので
しょうか?

マズローの欲求段階説によれば,安全欲求は完全に満
たされ,所属欲求も完全ではないにしろ,かなりの部
分が満たされています。

最後に残るのが,認知欲求と自己実現欲求です。
われわれ日本人は,本人が意識しているか否かに関わ
らず,これらが満たされないと無気力になり心理的な
不安を覚える段階に来ているのです。

もしかしたら,趣味によって,責任から逃れられるか
に思えるかも知れません。
ところが…

「仕事以外のものに生きるには,かつての貴族のよう
に,子どもの頃から慣れていなければならない。」(断
絶の時代第13章 第二の人生)とあるように,残念な
ことに,われわれの多くは,貴族社会から縁遠い暮ら
しをしていたので,趣味だけに生きることはかなり難
しいということですね。

とはいえ,責任をいうとなぜかプレッシャーを感じて
しまいますが,ドラッカーのいう責任とは,我々が通
常感じる責任をちょっと違います。

人の信頼にこたえるために行動するという意味での
責任です。。

まさに,これがマズローの欲求段階説による認知欲求
と自己実現欲求を実現していくプロセスですね。

あまり物事に関わりたくないとか,重すぎる責任は負
いたくないと思うのは,自由です。

これによって,プレッシャーから上手く逃げたように
思えるのですが,実はその逆で,無意識のうちに自分
のクビを絞めて潜在的な自分の欲求が満たされない
ということですね。

最近は,こういう人が多くなっているのでしょうか?
自分の帰属している社会が,どのような社会であり,
自分自身に何が求められ,何を持って満足するのかを
考える必要があるということですね。

●●━━━━━━━━━━━━━━━


川越駅西向けば、税務の110番!

埼玉県川越市の税理士事務所です

http://zeimu110.com/


ライン公式アカウント「@zeimu110」

http://accountpage.line.me/zeimu110


〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-4-38
川越駅西口下車徒歩8分(駅から送迎あり)


お問い合わせは、いつでもどうぞ!

http://is.gd/zeimu110


税理士 大林 茂樹


●●━━━━━━━━━━━━━━━



  
Posted by ohbayashiblog at 10:28Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 成果をあげる人・あげない人 

2016年12月01日

知識労働の成果は貢献

「分析,統合,管理というステップは,特に知識労働に
おいて重要な意 味をもつ。知識労働の直接の成果は
物ではないからである。誰か他の者への貢献だから
である。」 マネジメント上P233

自動車会社が製造する自動車は,作業工程を目で追っ
ていくことが可能 です。

しかも,最終製品である自動車の完成をもって作業が
完了です。

ところが,知識労働は,成果物があるとは限りません
し,作業工程も目で追っていけるようなシロモノで
もありません。

自動車会社は,成果物として自動車を世に出します
が,自動車会社の 社長が,自動車を造るわけではあり
ません。

自動車会社の社長は自らの手で自動車を造るわけで
はないのに,一番の高給をもらっています。

そして,実際に自分の手を動かして自動車製造に携わ
った人間は,社長 より安い年俸で働いています。
では,社長がなぜ多くの給料を貰えるのか?

その理由は,「誰か他の者への貢献」に携わるからで
す。 自動車の製造に携わる人間は,自動車の製造に
集中します。

もちろん,最終消費者である顧客への貢献を忘れては
いけませんが, 仮に欠陥があったとしても,顧客に対
して直接責任はとりません。

社長は,自動車の製造に直接関わらなくても,顧客に
対して責任を負わなければなりません。

「知識労働の直接の成果は物ではないからである。
誰か他の者への貢献だからである。」 という部分を
「社長の直接の成果は物ではないからである。最終
消費者である顧客への貢献だからである。」と置き換
えるとハッキリとしてきますね。

それゆえに,社長は,「分析,統合,管理」に責任を負
わなければならないということになります。

では,分析とはなにか? 望ましい製品は何かを考える
ことからスタートするということですね。

そして,統合とは営業担当者,技術者,デザイナーなど
様々な関係者の意見を統合することからスタートし
ます。

最後の管理ですが,上手くいかなかったときに担当者
を叱責することで 終わるのは,管理ではありません。

上手くいかなかったときに,「具体的な目標,期限,担
当を含む実行計画」(マネジメント上P151)と照らし
あわせて,より良い方向に,逐次フィード バックして
いくことが管理です。

これらの責任を負うがゆえに,自動車の製造に直接携
わることのない 自動車会社の社長が,一番多くの年俸
を貰う理由です。

燃費の不正問題やリコール隠しなどの隠ぺい体質を
放置し,多くの年俸を貰うだけの価値がないという
社長も中にはいるかも知れません。

とはいえ,社長の責任を理解することは,知識労働の
本質を知る上で 重要なことです。

社長ではない,われわれ一般人の仕事の取り組み方に
もフィードバックできるものがたくさんあるハズです。

さて,あなたの仕事は最終成果物をつくるだけで終わ
っていないでしょうか?

それとも,知識労働者としての責任を果たしているで
しょうか?

なかなか難しい課題で,拙者自身耳が痛いところが
ありますが,多くの気づきを与えてくれますね。

●●━━━━━━━━━━━━━━━


川越駅西向けば、税務の110番!

埼玉県川越市の税理士事務所です

http://zeimu110.com/


ライン公式アカウント「@zeimu110」

http://accountpage.line.me/zeimu110


〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-4-38
川越駅西口下車徒歩8分(駅から送迎あり)


お問い合わせは、いつでもどうぞ!

http://is.gd/zeimu110


税理士 大林 茂樹


●●━━━━━━━━━━━━━━━


  
Posted by ohbayashiblog at 10:32Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 成果をあげる人・あげない人 

2016年11月25日

同じ努力で成果をあげるコツ

「人,特に知識労働者というものは,自らが自らに課
す要求に応じて成長する。自らが成果や業績とみな
すものに従って成長する。自らに少ししか求めなけ
れば成長しない。多くを求めるならば何も達成しな
い者と同じ努力で巨人に成長する。」
経営者の条件P97

小さな目標を掲げたものは,少ししか成長せず,大
きな目標を掲げたものは,巨人に成長するというこ
とをいっていますが,これに関しては,心理学でい
うところのアンカリング効果と大いに関係があります。

「国連加盟国のうちアフリカの国の割合は65%よりも
大きいか小さいか」と尋ねた場合と「10%よりも大き
いか小さいか」と尋ねた場合を比較すると,65%の
数字を出した方が多めに答えたとする心理学の実験
結果が有名です。

これと同じで,小さな目標を掲げたものは,アンカ
リング効果が働いて,実力以下の結果しか出せず,
大きな目標を掲げたものは,実力以上の結果を出し
やすいことを意味します。

このアンカリング効果が,なぜ人間の習性として備
わっているかについては,推測の域を出ませんが,
おそらく食糧が何日分あるから,当分の間狩りに行
かなくてもいい。

あるいは,食糧があと1日分しかないから,狩りに
出かけなければならないというように,与えられた
データを元に行動パターンを変えることが,厳しい
自然環境を生き延びるためには絶対必要だったの
で,人間に生まれつき備わった習性なのではないか
と思います。

実際に,高速道路に乗るとき,あるいは,これから
人里の少ない山道を走るときは,燃料計を必ず見る
と思います。

燃料計をみて,何も行動を変えなかったら,立ち往
生ですよね?

データを見て,無意識のうちに反応する習性をもっ
ているからこそ,われわれは,ガス欠に悩まされず
に目的地にたどり着くことができるわけです。

というわけで,成功哲学は,目標は高いものを設定
すべきであると言っていますが,心理学的にも,目
標を高くした方がアンカリング効果が働くので,正
しいということになります。

但し,忘れてはいけないのは,目標があまりにも高
過ぎるとアンカリング効果が働かないということを
忘れないようにしなければなりません。

たとえば,国連加盟国のうちアフリカの国の割合は
200%よりも大きいか小さいかと尋ねると,200%とい
う数字は回答にほとんど影響を与えないそうです。

そりゃそうですね。
200%という数字が,あまりにもバカげているので,
アンカリング効果は働かず,無視されるわけです。

これと同じ現象が,あまりにも高過ぎる目標にも当
てはまります。

目標は,高いほうがいいけれど,ちょっとキツイぐ
らいの目標をはるかに超えて設定すると意味の目標
になってしまうということですね。

高すぎず低すぎず,適度に高い目標を掲げること
が,他の人と同じ努力でも成果には大きな差が出る
ということです。

さて,あなたが日々設定する目標がどうなっている
でしょうか?

●●━━━━━━━━━━━━━━━


川越駅西向けば、税務の110番!

埼玉県川越市の税理士事務所です

http://zeimu110.com/


ライン公式アカウント「@zeimu110」

http://accountpage.line.me/zeimu110


〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-4-38
川越駅西口下車徒歩8分(駅から送迎あり)


お問い合わせは、いつでもどうぞ!

http://is.gd/zeimu110


税理士 大林 茂樹


●●━━━━━━━━━━━━━━━



  
Posted by ohbayashiblog at 10:36Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 成果をあげる人・あげない人 

2016年11月18日

なすべきことをなす能力

「知識労働者の生産性とは,なすべきことをなす能力
のことである。成果をあげることである。」
経営者の条件P22

なんてことない一文ですが,「なすべきことをなす」
というのは実にむずかしいことです。

いわれたことや強制されたことをやることではあり
ません。

工作機械も自動車もなかった時代は,人間がその役割
を果たしました。

人道的な問題は別として,そのような役割を果たすに
は奴隷のように働くことが効率的でした。

とはいえ,このような労働は機械に置き換えられ,人
道的にも許されなくなりました。

とはいえ,人間を強制的に働かせようとする習性は,
なかなかやめられないらしく,いわれたことを黙々と
こなすことを強制するブラック企業が,未だに蔓延っ
ているわけですね。

そして,働く側の人間もマニュアル通りじゃないと不
安だという人も意外と多いのです。

人を使う人間も,そして使われる人間もいわれたこと
を黙々とこなすことを強制するという昔からの仕事
の仕方から抜けきることは難しいのかも知れません。

また,「なすべきことをなす」というのは,好きなこ
とをやる能力でもないということですね。

人間を強制的に働かせることの反対の概念が自由気
ままです。

趣味の世界といえますね。
趣味に打ち込んでも,それを生活の糧にすることはま
れです。

「なすべきことをなす」ことは,いわれたことをやら
せることやその反対の概念である自由気ままでもな
いということです。

「なずべきことをなす」というのは,権力者に対す
る絶対服従でもなく,自分の意志で勝手に動くこと
ではありません。

他者から求められたこと,あるいは求められている
ものに応えるために,自らが行動するという意味で
の「なすべきこと」です。

そして,他者とは,ときには上司であったり権力者
だったりすることもありますが,成果は内部の要望
ではなく外部(顧客)の要望に応えることによっ
て,得られるわけですから,主人公は顧客です。

「なすべきこと」は,顧客が決めるわけです。
権力者でもなく,自分でもないということですね。

いわれたことをやらせるのは,自分の所属する組織中
心で世の中が回っているという内部に成果があると
する仕事の仕方です。

武力に物を言わせて,他の民族を絶対服従させるよ
うな植民地主義の時代であれば,それでいいのかも
知れませんが,そんな時代は遠い昔のことです。

今日の社会では,内部に成果があるのではなく,成
果は外部から得られるのですから,内向きの仕事で
は,大きな成果をあげることが出来ません。

そして,自由気ままは,自分中心で世の中が回ってい
る世界です。

自分が王族や貴族の身分で,権力者であれば,ひた
すら権力をふるって,自由気ままにでも良いのかも
知れませんが,そんなことを未だにやっているの
は,北朝鮮ぐらいかも知れません。

われわれは,外部の要望に応えるという意味での,な
すべきことをなすことによってのみ成果をあげるこ
とが出来ます。

しかし,われわれは,つい内向きにモノを考えてしま
います。

ある意味,身びいきな部分がないと自分の子孫を残
すことは出来ないので,ある意味本能的に内部では
なく,外部の要望に応えるというのは,難しいのか
も知れません。

外部から要求が来ても,ウチは出来ません。
ウチは,そのような対応はしておりませんと回答し
てしまいがちです。

逆にいえば,われわれが,無意識のうちに,外部の
要望に応えることを疎かにする部分があるだけに,
それに打ち克ち,外部の要望に応えるという意味で
の「なすべきことをなす」ことに集中できた人が,
競争に勝てるということになるわけですね。

さて,あなたは「なすべきことをなす」ことに集中
しているでしょうか?

それとも,「なすべきこと」を断る理由を探していな
いしょうか?

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

川越駅を西向けば税務の110番はこちらです!
http://zeimu110.com

ライン公式アカウント「@zeimu110」
http://accountpage.line.me/zeimu110

まぐまぐ殿堂入り
ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人

発行者:税務の110番! 税理士 大林 茂樹
(ドラッカー学会会員)

〒350−1126
埼玉県川越市旭町1−4−38

お問い合わせは,いつでもどうぞ!
http://wp.me/P2JWBR-22

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
Posted by ohbayashiblog at 10:30Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年11月10日

ホンモノのリーダーを見抜く能力

「私が非営利組織の人たちからよく聞かれることが,
『リーダーの資質とは何か』である。この問いは,まる
でリーダーシップがすべてであって,それ自体が目的で
あると考えているかのようである。しかし,そのような
リーダーシップこそが間違ったリーダーシップである。」
非営利組織の経営P2

リーダーの条件
これは,とても難しいことですね。

しかし,つい最近までリーダーの条件を定義することは
そんなに難しいことではありませんでした。

食糧事情が悪く,常に物資の供給が不足していた時代で
は,アメとムチで人を動かすことが可能でした。

道徳的に許されるかどうかは,別として,奴隷になるか
餓死するかの二者択一を迫られる人が少なからずいま
した。

アメとムチを使えるだけの体格に恵まれ,声が大きく,
それなりに頭がキレる人物

いわゆるカリスマ性をもった人間がリーダーとなりま
した。

しかし,リビアのカダフィ大佐のように体格に恵まれ,
声が大きく,それなりに頭がキレる人物で,サイコパス
(人格障害)の兆候がみられる人物がリーダーになる危
険性もあったわけです。

アメリカのトランプ氏も,なんとなく危険な感じがし
ますよね?

「リーダーシップがすべてであって,それ自体が目的で
ある」となるとアメとムチを使い分ける人物ということ
になってしまいます。

しかし,いまや先進国で餓死はありえないことであり,
物資は供給過剰となっています。
人を動かすためには,アメとムチは使えません。

ところが,先進国でアメとムチが使えなくなってか
ら,100年も経過していません。

それゆえ,多くの人は,アメとムチを使い分けるリーダ
ーシップの幻影にとらわれているのかも知れません。

では,アメとムチを使い分けるリーダーシップが無効に
なった時代の新しいリーダー像はどうなるのか?

体格が良く,声もよく通って,人を惹きつけるような
面白い話をするが,カネに汚いでは困りますよね?

体が小さく,声もぼそぼそとした話し方で,なんとなく
頼りなく見えるが,約束した仕事は必ず守りぬき,最後
まで諦めずにやり抜く人物ならどうでしょうか?

これが,現代の社会に求められているリーダーです。
しかし,第一印象が良くないがために,このような人
物をリーダーとして発掘するのは,難しいのかも知れ
ません。

ブラック企業は,おそらく従来型のカリスマ性のある
リーダーが会社を率いているように思います。

アメとムチに頼るリーダーは,上手くいかないことを
部下の責任に負わせることが出来ました。

もはや,働けなくなった奴隷の運命,それは死でした。
さすがに,現代社会では,組織が社員を直接殺すような
ことはしません。

しかし,現代社会でも,厳しいノルマを課して,それを
達成出来ないと使い捨て扱いされて,社員が辞めるか
自ら命を断つのであれば,奴隷社会と大差はありません。

うまく行かなかったら,社員ではなく自ら責任を負わな
くてはいけません。

リーダーが他人のせいではなく,自ら責任を負うことで
信頼感が生まれます。

ドラッカーがよく言う真摯さにつながっていくという
ことですね。

しかし,こうした要素は内面的なものなので,実際に
仕事をやってみないとわからないのです。

立派なオフィス,きれいな会社のパンフレットやホーム
ページ,そして,面接を受けると社長に頼りがいがあっ
て,良い印象を持ち,期待を持って実際に入社するとブ
ラック企業だったというのはよくあることです。

ホンモノのリーダーを見抜く能力が,いかに我々に欠け
るかを物語っていますね。

美しいバラには棘があるというように,リーダーにカリ
スマ性を感じたら,むしろ警戒するぐらいが丁度いいの
かも知れませんね。

●●━━━━━━━━━━━━━━━


川越駅西向けば、税務の110番!

埼玉県川越市の税理士事務所です

http://zeimu110.com/


ライン公式アカウント「@zeimu110」

http://accountpage.line.me/zeimu110


〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-4-38
川越駅西口下車徒歩8分(駅から送迎あり)


お問い合わせは、いつでもどうぞ!

http://is.gd/zeimu110


税理士 大林 茂樹


●●━━━━━━━━━━━━━━━

  
Posted by ohbayashiblog at 10:43Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 成果をあげる人・あげない人